Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/freebooksinfo/public_html/wp-content/themes/best-hotel/search.php on line 48
高橋虔旧蔵図書目錄
Language: ja
Pages: 524
Authors: 国際日本文化研究センター
Categories: Theology, Doctrinal
Type: BOOK - Published: 2005 - Publisher:
Books about 高橋虔旧蔵図書目錄
熊本バンド研究
Language: ja
Pages: 657
Authors: 国際日本文化研究センター
Categories: Christianity
Type: BOOK - Published: 1965 - Publisher:
Books about 熊本バンド研究
キリスト敎年鑑
Language: ja
Pages:
Authors: 国際日本文化研究センター
Categories: Christianity
Type: BOOK - Published: 1973 - Publisher:
Books about キリスト敎年鑑
Kirisutokyō nenkan
Language: ja
Pages:
Authors: 国際日本文化研究センター
Categories: Christianity
Type: BOOK - Published: 1978 - Publisher:
Books about Kirisutokyō nenkan
日本全国書誌
Language: ja
Pages:
Authors: 国際日本文化研究センター
Categories: Japan
Type: BOOK - Published: 1997 - Publisher:
Books about 日本全国書誌
入来文書
Language: ja
Pages: 720
Authors: 朝河貫一
Categories: Japan
Type: BOOK - Published: 2015-06-30 - Publisher:
世界に通用した数少ない日本人歴史学者の古典的名著。アナール学派の始祖、マルク・ブロックが「ほとんど類例を見ない、豊かな観察と分析」「きわめて特創的」と絶賛した研究書、ついに完訳なる!マルク・ブロック、オットー・ヒンツェ、E・R・アヴォンドの書評付き。
映しと移ろい
Language: ja
Pages: 792
Authors: 稲賀繁美
Categories: Japan
Type: BOOK - Published: 2019-09 - Publisher:
既存の学問領域の垣根を乗り越えた先にあるものは何か。多文化間の文化伝播における接触と変成の実相を、「うつし」「うつわ」「うつろい」のキーワードを頼りに学際的かつ多角的に分析。従来の思考法の限界をあぶりだし、これまでの比較言語学、比較文化論にとどまらない、次世代の表象文化論、情報理論のモデル構築を目指す!
日本の禍機
Language: ja
Pages: 256
Authors: 朝河貫一
Categories: History
Type: BOOK - Published: 1987-04-06 - Publisher: 講談社
世界に孤立して国運を誤るなかれ──日露戦争後の祖国日本の動きを憂え、遠くアメリカからエール大学教授・朝河貫一が訴えかける。歴史学者としての明解な分析に立って、祖国への熱い思いが格調高く述べられ、読む者の心に迫る。彼の忠告も空しく、軍国主義への道をつき進んだ日本は、戦争、敗戦へと不幸な歴史を辿った。日米の迫間(はざま)で、日本への批判と進言を続けた朝河。彼の予見の確かさと祖国愛には、今もなお学ぶべきものが多い。 目次 ●前篇 日本に関する世情の変遷 日本に対する世評の変化 満州における日本に対する世の疑惑の由来 反動説──感情的反対者──利害的反対者 東洋における世界の要求 一八九九年以前 一八九九年以後 日露戦争以後 ●後篇 日本国運の危機 ・第1章 戦後の日本国民多数の態度に危険の分子あることを論ず 国権説は機に後れたり 国勢は劇変して国民の態度はこれに副わず 国民の危険なる態度、国運の危機 ・第2章 日本と米国との関係に危険の分子少なからざることを論ず 米国人の日本に関する感情の変遷 日本人の米国に関する思想の浅薄 日、清、米の重大なる関係 米国と新外交、清国の信頼 米国人民の東洋に関する輿論 米国為政者の東洋に関する思想 ローズヴェルト氏、タフト氏 結論 日本国民の愛国心
接触造形論
Language: ja
Pages: 353
Authors: 稲賀繁美
Categories: History
Type: BOOK - Published: 2016-02-29 - Publisher:
「触れる」ことで作品は紡がれ、「接触」によって思想や文化が「写り/移り」を遂げる。彫刻・陶藝などの立体作品から、建築や翻訳の領域まで、異質なるものが触れあう時に何が生まれるのか。感覚と藝術、その臨界へ―
外国人をめぐる社会史
Language: ja
Pages: 231
Authors: 粂井輝子
Categories: Japan
Type: BOOK - Published: 1995 - Publisher:
Books about 外国人をめぐる社会史